Orthopaedics

 「変形性関節症」、「関節リウマチ」などの疾患による痛みの軽減や、日常生活に必要な 関節機能の回復・改善のために行われる人工股関節や人工膝関節を主に取り扱っています。  

人工関節置換術は、現代の外科的治療法の中でも最も成功してきた手術手技のひとつ となり、日本においても年間10万症例を超える一般的なものとなってきました。  

しかしながら、金属やポリエチレンという生体材料である事から不可避である、「摩耗」 や「緩み」などへの課題があると同時に、高齢患者の活動レベルの向上に伴って、より 健常者に近い関節運動の再現への要求レベルも高まってきています。

このような背景から、 ストライカーオーソペディックスでは、従来より摩耗が少ない医療用ポリエチレンの導入や、 より広い関節可動域を獲得できる人工関節の開発を行ってきました。

そして、個々の患者 に最適な人工関節置換術をトータルに提供することにより、患者の方々が活動性を取り 戻して、「もう一度やりたいこと」への想いを実現することを支援しています。